スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難病の小鳥の記録。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)記録。

PBFD(オウム類の嘴-羽毛病)
人間でいうエイズのようなもの。
ウィルスが潜伏している状態で発症していない場合は陰転させる治療方法はある。
でもネムは発症してしまっているから、望みは無いという打つ手無しの状態。
インターフェロン治療も無意味。


譲ってもらうときに、「羽がぬけるけど生えるから」と唐突に言われて妙だなとは思った。
お迎えしてすぐに気づいた異変は、呼吸器の音。グッグッ…と苦しそう。
そして横倒れになって瀕死状態になった。いきなり尾が全部抜けた。

ちょうどお迎えして2日後に、先住の子2羽の検診の予約をしていたので一緒に連れて行くと、容体や羽根の異常から危険だとう事で緊急に血液検査をする事になり、そのまま入院。
そしてやはりのちに陽性が発覚。

ネムは、お迎えする前から発症していた事になるし、「羽根が抜ける」と断言していたという事は知っていて託したという事になる。
ブリーダーさんって自分はまだよく分からないけど、しっかりしてる人もちゃんといる一方で小鳥の将来を考えてない人も結構いるみたいで、それは悲しくて残念なことではある。


でも!花小鳥はネムが好き~(人´ω`*)
そしてネムは頭カキカキされるのが大好き。
6120.jpg
(隔離中のネム)

※異常と診断された羽根の様子はこちらをクリック。
※お迎えして6日目の羽の様子はこちらをクリック。



どこまでやれるかわからないけれど、この子が幸せって思ってくれるように考える…。
免疫に良さそうなごはんも沢山ポチったので、早く届くといいな!ヽ( `・ω・)ノ

ネムとの事を記録していきます。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 応援お願いします!!(・`ω´・)ノシ
何かいい情報があったら、待ってます!





コメント

おっけー!!(・`ω´・)ノシ

いっぱいカキカキしてあげちゃいます!!e-78ヾ(-_- )v-42

朗報…!?


大型鳥のですか…!?
ちょっとよく分かりませんが、先生にはもう治らないから…と言われ、治療をあきらめたんです。。。
発症していても陰転可能なら…その可能性にかけてみたいですが…(・_・`)i-201
今色々とゴタゴタしていますが、遊びにいかせてもらいます!i-184

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いっぱいカキカキしてあげて

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。