スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きること、死ぬこと。メメントモリ。

2011年、今年の9月27日に亡くなったニコとルル。
桃色のアキクサインコと、シュークリームみたいなヒムネキキョウインコ。
あれからちょうど四十九日くらいになりました。
一緒にうちにやってきて一緒に育ったふたりは、突然一緒に逝ってしまって…

やっと落ち着いて、写真と花を飾りました。
やっぱりふたり一緒の写真がいいよなぁ。

000_9036.jpg

花は、今年初めた園芸のバラ。

今年のバレンタインに見送ったセキセイインコのちーちゃんを巡って
落ち込んだ私を励ましてくれた皆さんには本当に感謝しています。


 悲しくて、淋しいのは楽しい思い出があるからだよね。大好きだからだよね。
 自分を責めたらだめだよ。ゴハンちゃんと食べるんだよ。
 ちー様はそばに居るよ。愛するちー様に慕ってもらって幸せだったね。
 一人でやばいと思ったら、いつでも連絡しなさい///
 素晴らしい出会いだったね。
 生き物すべてに心を閉ざしたらいけないよ。
 無理しないで、言いたいこと、聞いて欲しい事があったらいつでも連絡して。



私は幸せ者だ。。。
沢山の言葉にどんなに救われた事だろう。。。
あの時もらった沢山の言葉に、今こうしてはげまされる。

ちーちゃんが亡くなって、私はずっと花を見ていた。
ちーはカスミソウと百合が似合うなぁと思った。
そうして園芸にはまった私は、春にバラを育てて・・・
新しくお迎えしたニコとルルを育てて・・・
それはわずか5ヶ月の幸せだったけれど、バラは咲いたまま。

000_9014.jpg

立派なバラが咲いたのは、
ニコとルルの残したゴハンを混ぜて作った有機質たっぷりの土のおかげ。
来年も咲かすよ。ずっと咲かすよ。
つなげていくよ。


000_7896.jpg

これは、ちーちゃんが亡くなった時にもらった言葉。
だけど、生きているものすべてにあてはまる言葉なんじゃないかなと思う。

「死を思え(メメントモリ)」というのは
平たく言うと「生き物はいつか必ず死ぬ」ということらしい。
そもそも幸せとは何だろうか?
幸せとは、死合わせ。
死が分かつまで共に喜び、共に悲しみ、共に生きる権利を得る事。
そして死を看取ってもらえる、又は死に立ち会えるという事。
自分が死ぬときに涙を流してくれるひとが居ることは間違いなく幸せ。
ただ、泣かれるだけじゃ辛いから笑顔で送り出して欲しい。
大切な存在の死によって己の生を実感する。
思い出を糧に生きられる。
ひとまわり成長する。
それは残された者が得る権利でもあり、義務でもある。


000_8961.jpg
000_8961-.jpg

000_8863.jpg


大好きなニコとルル…
短い間だったけどありがとう。

にほんブログ村 鳥ブログへ

コメント

◆ふくさん◆

ニコとルルと、私が作ったバラ…と思うと花を介して絆を感じます!
本当に、自由で可憐な感じがしますよね(*´ω`*)

Memento mori 死をおもえ  この言葉に初めてであったのは、
何年か前の旅行での美術館で催されていた藤原新也氏の詩と写真展示でした。その時は衝撃とともに、「死ってなかなか自由なんだ…」などと思った気がします。死を見つめる時、生が見える…なんとも印象的なキャッチコピーだなぁと。人間の基盤、スローライフの根っこといわれると、その通りなんですよね。

命は不思議ですね。いまだに私には謎だらけです。
ふくさんはメメントモリの観念を色々と解釈できていそうですね…!
> よく生きる
> 命を大切に思うことは
> 死がいつかおとずれるとを
> 受け入れること・・
> そんなことを思うようになりました。
うん…うん…(-`ω´-)深いです…!
ニコルルの命は私の中で「永遠」…その通りです…!!
じんわりと心に来ました…言葉の力はすごいなぁ。。。

短い間だったですが、ニコルルには沢山も笑いを貰いました。
コンパニオンバードって素敵。命って不思議。
小鳥との生活は自分が見える…だからやめられないo(*´д`*)o
春にも咲くかな…ドキドキi-175

きれい

ニコルルちゃんのバラ、とてもきれいです。
まるで二羽がバラになって咲いているようです。
自由で、可憐で・・

Memento mori、ラテン語ですね。
死を思え・・
人間の基盤だと思います。
スローライフの根っこにも入っていると思います。

命あるものに等しく訪れるのですものね・・
私は40歳を過ぎました。
40を過ぎたあたりから、後半の人生を思うにつけて
Memento moriの観念をしみじみと思うようになりました。

よく生きる
命を大切に思うことは
死がいつかおとずれるとを
受け入れること・・
そんなことを思うようになりました。

ニコルルちゃんの命は花小鳥さんの人生の関わりのなかで
これからもずっと「永遠」です。

すてきなDVDですね。

短い間でしたが、コンパニオンバードとして一緒に過ごせて
本当に本当に幸せだったと思います。

春のお彼岸が来る頃・・
美しいお花達の息吹が・・また、二羽をお迎えしてくれることでしょうね。

◆じょにさん◆

そうなんですよ。49日。自分では気づかなかったんですけれど、数えてみたらちょうどそのくらいで。本当に短かったけれど、楽しい事がたくさんだった(*-`ω´-)未公開写真、ちょこちょこ更新しようかなぁと思います。ニコ&ルルは向こうでも追いかけっこしてますね。コントもしてますね~(笑)
お盆には新しい花を用意しますi-262バラの季節じゃないから、何にしようかなぁ。

そっかぁもういつの間にか49日だったんだね2羽と過ごした時間は短かったかもしれないけど、その時間こそが永遠なんだよもし機会があったら未公開写真とか、こーゆう事もありました〜みたいなのがあれば是非公開してねニコ&ルルは相変わらず向こうでも追いかけっこしてんだろうかな?
お盆にはちゃんと帰ってくるようにね〜

◆ジャスミンさん◆

大丈夫ですか…!?(o゚д゚)oi-201
たくさん風ちゃんのために、自分のために泣いてくださいね!
それはとても大切な時間です!
おととい…でしたか…。生後2ヶ月で…小さい子だったんですね。。。
脊椎湾曲…外部および内部奇形…
風ちゃんは、とても難しい鳥生を送ったんですね。
風ちゃんは幸せだったでしょうね。
可愛くてしょうがないって思ってくれるご主人が、たくさん愛してくれたんですもんね。飛べなくても、食べるのが難しくても、風ちゃんはジャスミンさんの前で走り回って自由があって、すごく楽しかったと思います!!
そうか…写真が無いのはお辛いでしょうね…私も2月に無くした子の写真が少なくて…

後悔は、たぶん人間が感じる感情で、風ちゃんはきっと短い間でも遊べてうれしかったに違いないですよ!風ちゃんはきっと、ジャスミンさんが気遣いながら遊んでくれた事や、体の事を心配してくれている事を知っていると思うんですね。だからご自分を責めすぎて体を壊したりなんかしたら、きっと風ちゃんが悲しむかもしれない…!写真はなくても、心に焼きつくような思い出が沢山あるし、風ちゃんは虹の橋で健康な体になって待っててくれますよ…!
悲しみも大切な感情のひとつですよね。ジャスミンさんと風ちゃんの向き合う大事な時間をゆっくりとって、かならず笑顔で送り出してあげてくださいね…!私もだいぶ時間がかかりましたし、これからも時々思い出しては泣きますよ!

◆もっちゃんママさん◆

こんばんわ(笑)
私もここまで綺麗に沢山咲いてくれるとは思わなかったのでびっくりしてます(*´ω`*)今年の春から始めた園芸…バラですが、その美しさったらもう…!!ピンクとクリーム色のバイカラーのバラは、ニコとルルの色に似ていてとても好きなバラですi-175ミミエデンというのですけれど、小鳥たちのように可憐です!

別れは辛いですよね。。本当に。。。
辛い分、得るものも多くて成長したと思える自分がいます。
強くならないとなぁ、と思いました(・`ω´・)

◆としぞうさん◆

小鳥の死まで考えてお迎えしませんもんね、ふつうは…。
だから人より早く訪れてしまった死にショックを受けてしまう。
ニコとルルをお迎えした時、「最後」を考えてはいなかったです。
むしろ「これから!」みたいな嬉しい気持ちがありました。
でもやっぱり、訪れてしまったんですよね、…

そして、こんなに小さな子たちが色々教えてくれました。
内容は2羽と私の秘密(*-`ω´-)
天然でドタドタ走る桃色ルル、不思議ちゃんでシュークリームなニコ。
2羽のコントDVD(笑)は写真と、少しの動画ですi-175

花小鳥さん

ありがとうございます。
2日前からずっとずっと泣いていたのですが
綺麗なお花とニコルルちゃんの優しい画像に癒されました。

おととい羽衣セキセイの風(ふう)ちゃんが
わずか生後2ヶ月で旅立ってしまいました。
風ちゃんは一人餌になっている子をブリーダーさんから譲っていただきましたが
体長わずか5cm、体重21gでした。
お迎え検診で脊椎湾曲、つねに肩で息する努力呼吸を指摘され
外部および内部奇形とのことでした。

でも可愛くて可愛くて。
飛べない子でしたが、その分ちょこまか走り回り
愛しくてなりませんでした。
皮付き餌が食べられないので
ムキエサにパウダーフードを塗して食べさせていたのですが
プラケースから出たくなると
餌入れの上でも水入れの上でもおかまいなしにでんぐり返しするので
いつも羽はくしゃくしゃドロドロ。
もう少し体調がよくなってカゴデビューしたら
お写真撮ろうねって言ってたのに。
一枚の写真も残さず逝ってしまいました。

くしゃくしゃでもいいから、くりくりの瞳
他の子のカゴをよじ登って屋根まで到達したときの得意そうな顔。
撮っておけばよかった。
すぐに息が苦しくなってしまうからと
短い時間しか遊んであげなかった。
こんなに早いお別れならもっともっと好きなだけ遊ばしてあげればよかった。

No title

花小鳥さんおはようございます。
花屋さんで見るバラよりあまりにもニコルルちゃんのバラが綺麗で
暫く見つめてしまいました。
かわいい仔との別れは身がさかれるほど辛いし死ぬほど怖いけど
死を思え(メメントモリ)」・・・。
この言葉、私も心に刻んでおこうと思います。

No title

生きるも死すも同じ同志(トモ) 別れと今宵汲む酒に 
星かげ冴えて月あかく 燃えよ我が剣 我が命

昔の時代劇の挿入歌の一部です。
(燃えよ剣 司馬遼太郎原作 新撰組副長土方歳三を中心に描いた
ドラマ)

チーはこのドラマ再放送を見ている時期に亡くなりました。
私の目にはチーが、薩長官軍に倒されていく新撰組隊士
とダブったように見えていたのかもしれません。

小鳥は私より早く死にます、当たり前だけど。
でも飼い始めるといつまでも一緒だと思ってしまいます。
心の中で叫んでいたのかも知れません。
「生まれてくるときは別々でも、死ぬときは一緒だと」

ニコちゃんとルルちゃん花小鳥さんに出会い、大切に
育ててもらって。
CDかDVDは写真集ですか?いっぱいあっていいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。