万年ハローウィン。

特にインコさんが病気の時…
インコさんに嫌われないように保定するのはむずかしい。

( - ゛-)だから…

何か…

こうなった。


DSC05708.jpg

変装である。(100均でカボチャ仮面ゲット。深い帽子をかぶる)

そう。別人(モノノケ)を装い、「悪いゴはいねぇが~?」と悪魔の所業のごとく
およそ人間とは思えないキテレツな動きを再現しながら忍び寄り、
逃げるネムちゃんをサッと保定するのである!

DSC05706.jpg

ネムは忍び寄る魔の触手(ラフレシア)にとらえられ、可及的速やかに鼻掃除と点鼻が行われるのだ!!
その間、ネムはギャースギャースと助けを求める。

DSC09092.jpg

この毒々しいラフレシアの警戒色…!!
これを「敵」だと思い込ませるのだ。
そして、点鼻が終わると悪魔は人間とは思えぬ動きと素早さで去っていく!

(・`ω´・) 悪魔って怖いねぇ…!   …( -_-)
そして悪魔が去ると、人間(私)がやってきて「ネムちゃんどうしたのぉ~!?」とか
「お、ネムちゃん景気はどうだい」などと言ってふたりの間には何事もなかったかの如く
コミュニケーションが成立するのであった。


↓模型用の綿棒は鼻掃除に使っています。普通の綿棒よりとても細い!!
DSC08942.jpg

一番上のが通常の綿棒で、下の2本が模型用です。
DSC08948.jpg

(・`ω´・)…結構変装めんどくさい。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

愛ちてるの!ペンさん…!

あいかわらず水槽育ちのネムちゃんですが…
毎度おさわがせなネムちゃんですが…
ネムちゃんには愛する彼氏がいるのであった。

000_4747.jpg

そう、それはゴーペンこと ペンさん!

000_4760.jpg

000_4811.jpg

ペンさんへの愛はとても激しい(´ω`)
なんだかボンちゃんを思い出しますね~…
(ボンちゃんの事はこちら ちょっと切ないセキセイインコの話。)
ネムはボンちゃんにだけ、何故か心を許していた…(-`ω´-)不思議…。
ネムもボンちゃんも同じ所から来た子だけど、禽舎は違うしなぁ。

私にもゴーペンさんの時と同じように、好き好き!とラブ攻撃してくれないかな。(´A`)ノ

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

心配だ!

体調が悪い日が続き、更新が滞ってしまいました

先だってしまった若い5ヶ月の命たちニコとルルのケージはまだたたまない…
ちょっと待っててね・・・ニコ、ルル
お花もちゃんと用意するから( ; _ ;)



そしてPBFD&風邪&下痢のネムちゃんの事です。
書き留めておきたい事は山ほどあるけれど・・・
10/13日にネムは連続オエオエしていたので緊急で病院へねじこんでもらい、
そのう検査ではとりあえず異常なしで現状維持でした。

一連のオエオエの画像
000_8745.jpg
一見あくびに見えるが…

000_8745-.jpg
吐きもどすようなしぐさを連続でしまくる・・・

000_8745--.jpg
あくびだよね?眠いだけだよね??ネムちゃん・・・


その一週間後の10/21日の通院では、今まで数か月投薬を頑張ったけれど
あまり良くならないという事で近々PBFDの検査も含め、血液検査も
視野に入れていこうと、とりあえず抗生物質を減らし、
下痢の薬も減らし、今回はインターフェロンも切ったのですが…
(抗生物質は同じものを長い間使っていられないのです。
今までの投薬で薬の内容事態は色々かなり変えていてやるだけやった感じ)

今日は何だか朝から下痢ぎみ。
今まで下痢は良い方へ向かっているように見えたけれど!?
そして小さい羽根がポロポロ落ちていて、ちょっとビックリした私。。。
( ; _ ;)
いきなり多めの羽根が抜けるなんてヤダな。。。
ただの抜け替わり!?換羽かな??PBFDの症状でも出てるのか??
DSC09054.jpg
それともストレスかなぁ・・・

頑張ろう、ネム~((ノ)゚ω(ヾ))

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

ルルとニコが死んだ記録。

ルルとニコが急死をしてから約2週間・・・
何の供養もしてあげられずに、日々情報を追う毎日と、
PBFDのセキセイ、ネムの徹底管理とで心身ともに疲弊する毎日でした。


昨日はPBFDのネムのそのう炎を疑い、急遽病院にねじこんでもらいました。
ネムを必ず守る。その一心でした。それはまた後日に書きます。
ネムの前回と今回の通院で先生に色々聞きまくり、
ほぼルルとニコの急死がどういったものなのか予想が立ちました。
書き記しておこうと思います。


-------------------------

●まず、部屋をリフォームしたことでのシックハウス症候群については可能性が低い
●理由を書くには過去にも焦点をあてる必要があります。
●今までルルとニコがかかった小鳥病院にも少しふれる事になります。
●結論を先に行ってしまうと、何らかの病気という可能性がある事。

病院は仮にA病院、B病院、C病院とします。
(A病院)ニコとルルが最初と緊急時に診てもらった病院
(B病院)小鳥専門。ニコとルルのかかりつけの病院。ネムも2、3度世話になる。
(C病院)小鳥専門。ネムだけが通っていた病院。
(ニコとルルはC病院で診てもらったことは有りませんが、ネムが落ち着いたらいずれ
みんなC病院で診てもらうことになっていました。)


一緒に譲ってもらったルルとニコは、初めての健康診断をA病院で診てもらいました。
そこでは全くの元気という診断。
ルルのひどい毛引きもじきに生えてくるでしょうと言われました。
でも、ある日ルルが何らかのストレスや病気があるのかもしれないと思い、
小鳥専門のB病院を探し、そこで2羽を診てもらうことにしました。
小鳥専門ということで、評判も良かったのでA病院はやめてニコとルルは
これからはB病院で診てもらうことにしました。
初診ではルルのひどい毛引きからPBFD,BFDを検査をすることに。(陰性でした)
糞便検査ではルルもニコもバクテリアがいたので薬を出してもらう事に。
この時、ルルの糞便検査で「見たこともない菌がいる」と言われビックリしましたが、
今思い出すとそれはポピュラーな「メガバクテリア」です。
(当時の私に知識が無かったのですが、今考えるとこの病院は…という疑問が沸く)
それからしばらくしてセキセイインコのネムを迎え、2日後にこのB病院で
初めての健康診断をしてもらい、様子がおかしい上にPBFDの可能性が高くて危険
ということで急遽その場で入院手続きをし、PBFD,BFD,CHLの検査を依頼することに。
後日ネムはPBFDの陽性ですでに発症していたことが分かりました。
「もうこの子は絶対治らない。あとは自分なりに可愛がるように」と断言されました。
私は諦めきれずに苦悩しながらもブログで知り合った方からも色々情報を頂き、
治るかもしれないという思いでネムをC病院に連れていくことにしました。
(C病院では治る可能性はあると言ってくれました。)

C病院では現在ネムがお世話になっています。
陰転に向けて治療中で、脱落した尾も風邪切り羽も生えました。
B病院では診断されなかった風邪の治療も現在進行中です。


ある日ルルは目が全く開かなくなり、体重が激減して落鳥寸前になり、
すぐに行けるA病院に連れ込み目薬と強制給餌をしてもらいました。
「今、違う病院はどこにいっているの?」と聞かれプライドが高そうな先生なので
答えたくなかったのですが答えたら態度が変わり、何を聞いても「あとはB病院で」
一点張り。頼んでも奥へ隠れて顔も出さず薬も栄養剤も何もだしてもらえなかった。
次の日B病院へ駆け込み目薬をしてもらい、原因をたずねると
「分からない」と言われました。そしてそのまま入院しました。
数日後に退院して元気になって帰ってきました。
(目が開かない、体重激減は今回の死因と同じです)
(B病院は適切な説明が不十分だし、ネムののPBFDが治らないと断言したり、
 多くのノウハウは持っていないと思われる。)



そして私の兄が転勤し、部屋を譲ってもらうことになりリフォームすることにしました。
リフォーム完了後はずっと換気をしていました。
しばらくしてから居間からリフォームした部屋へルルとニコは移りました。
その間も換気毎日していました。

そして、しばらくして居間にいた頃にも患いB病院で「わからない」と言われた症状、
目が開かない、体重激減でルルは亡くなり、
ニコは後を追うようにその日のうちに亡くなりました。


●シックハウスの可能性DSC08991.jpg
今回リフォームにあたって使ったもの、揃えたものの会社に
有害物質の使用などについてすべて問い合わせしました。

・壁のコーキング(ゼロホルムアルデヒド)◎
・壁紙(ゼロホルムアルデヒド、シックハウスに繋がる物質不使用)◎
・ペンキ(シックハウスに繋がるものは無し)◎
・クッションフロア(シックハウスにつながる物質不使用)◎
・コンソール(中国産、接着剤にホルムアルデヒド)×
・中古テレビ台(塗料と接着剤は日本メーカーで国内規定をクリア)○
・テレビ台(塗料にトルエン、キシレン。但し放散量基準以下のみ販売)△
・中古テーブル(ゼロホルムアルデヒド、日本建材の基準値クリア)○

ただし、人間に対してのデータです。
物質の放出量も関係してくる。
国内基準値は厳しく設定されている。
物質に関しての感受性は個々である。
(以上、リフォームによる資料と各社回答より。)



●それで、今ネムがお世話になっているC病院の先生にも色々詳しく聞いて来ました。
ただ、ルルとニコはここでは診てもらったことが無いので想像になります。
死因が知りたかったら検死ができるそうです。(でも私は検死は…ちょっと嫌かも)
一応ルルとニコのフンを持参しました。

DSC09002.jpg
(これはルルの)


・(ルルの)いきなり体重激減するというのは中毒ではない。
 むしろシックハウスで死ぬ例はほぼない。
 ただ過去にガス管工事でバタバタ死んだ子たちの例はある。
フンの色からもシックハウスの可能性は低く、中毒ではない。
・ルルとニコは同じ病気で亡くなったとは思えない。
ルルの目が腫れたのは前にいた居間でも起こった事。
 という事ははじめから何らかの病気をもっていた可能性がある。
目の異常は内臓が悪い可能性もある。
・フンの色がいきなり白くなった…膵臓が悪いかもしれない。
・ウイルス性(私が疑ったパラミクソ)であったのならば、とても強いウイルスなので
 距離を置いて隔離されてるネムも死んでるはず。
・感染症かもしれないし、感染は関係なく体が悪かった(弱い)かもしれない。
すくなくとも何らかの病気を持っている
・ルルとニコが一緒に死んでしまったのは分からない。


DSC09003.jpg

少し肩の荷が降りました。
何がどうしてか分からないけれど…

ただ言える事はルルもニコも、もういないという事。
ごめんね、ごめんね、ごめんね・・・
もっと早くC病院で診てもらえば・・・

向き合って虹の橋へ送り出す心の準備をします。

にほんブログ村 鳥ブログへ

前へ後ろへ。

PBFD陽性&発症のネム、8回目の通院です。
今回は9/27に2羽一緒に急死してしまったアキクサインコのルルと
ヒムネキキョウインコのニコの話も聞いて頂き、先生も私も湿っぽくなりながらもお話し、
なぜ逝ってしまったか・・・だいたいの結論が出ました。
まとめると長くなるので、そのことは後日詳しく書きたいと思います。


久しぶりのネムちゃん写真です。
PBFD、重い風邪、下痢、カビ、体重管理中! (´ーωー`)
2011y10m08d_192419875.jpg
ちょ・・・逆さま・・・(*¬_¬)

DSC08937-nemotokuroinonuketa.jpg
PBFD特有の良くない羽根が一本抜けました!よし!(・。・、)


PBFDのネムの7回目の通院時はダイエットがまず課題でした。
おデブになっていたので、体重36gか37gを目標に頑張ってみるようにと指示を頂き、
決してあせらず、一日にシード3g+粉ペレットを続けるという事でまとまりました。
急激にダイエットさせると肝臓に負担がかかるのです。

ウンのほうはなかなか良かった!
完治しないほどのひどい風邪も良くなってきていました。
なので抗生物質をこれから弱くしていき、インターフェロンのほうは副作用が
出ていないのでもう少しつづけてみて、点鼻は切る事になりました。


だけど今回8回目の通院で・・・
(っω;`。)グスン
体重は2週間でゆるやかに下がっていき35g台となりパーフェクトだったのですが、
初めから問題だった風邪が前回は良かったのに悪化していました。
風邪は複雑な呼吸機を持つ鳥にとって致命傷になるのです。
まず、ウンが良くない!
ウン検査ではカビは見つからず、それは良いことなのですが
2週間分の持参したウンを診てもらったところ、もちろんとても良いウンもあったのですが
ダメなウンとまぁまぁ良いウンが混在していました。

000_2469-midori-un.jpg

000_2469-kiiro-un.jpg


尿は白であること、そして尿酸は緑でもまぁOKとのことです。
でも問題は尿酸が黄色すぎるものです。肝臓が悪いという事です。
毎回抗生物質を変え、肝臓の薬もずっと投薬してきましたが慢性化しているとのことです。
「良くなってほしかったけど、ダメかぁ・・・」
「呼吸の異常音も気になる」
「全体的には良くない」
「やっぱり風邪の完治は無理かもしれない」と先生。

・・・(っω;`。)スンスン

【今回出されたお薬の内容】
・前回切った点鼻薬をもう一度出す。(抗生物質が入ってます)
・今まで種類を変えながら内服していた抗生物質は切る。(内臓に負担がかかるから)
・総合感冒薬を出す(風邪薬)
・引き続きカビの薬を出す。
・ビタミン剤は毎日続ける。

DSC08932.jpg

PBFDの検査のほうは、年内に行う予定です。
せめて陰転してくれていれば・・・願うばかり。

そして、先生は対面したことのないルルとニコの急死の事を聞いてくださり、
長い私の話に付き合って頂きました。
「うちに今度連れてきて検査もしようって言ってたのにね・・・」
「本当にご愁傷様です」
深々と頭をさげて2羽の死を悼んでくれました。
私はボロボロ泣いてしまったのであった。

にほんブログ村 鳥ブログへ

くやしい。

色々なことが悔しいです。

ちょっと最寄のクリニックに行って、自分の心情を聞いてもらいました。
でもやっぱりスッキリしないですね。
自分を思いっきり責めて思いっきり泣きたいのですが、涙がどうしてか出てこない…
あの子たちの事を考えると、沈んでボーっとしてしまいます。
それが空しくてたまらない。


ルルとニコのための花が欲しかったのですが、お花屋さんが休みでした
切り花ではなくて、小柄で枯れにくいのがいいなぁ。


亡くなる数日前の2羽の様子です。
元気だったのに・・・
000_5518.jpg

000_5576.jpg

今はPBFDのネムにかかりっきりです。
ネムは隔離生活なのであまり遊べることもなくて心の発達が心配なのです。
もっと遊ばせて楽しい事を知ってもらいたい・・・
そんなわけで最近はスキンシップを多めにしています。
でも、換羽がはじまったみたいでちょっと不機嫌なんだな~これが(;▽;)

にほんブログ村 鳥ブログへ

休養しなきゃ。

たくさんの励ましやアドバイス、ありがとうございました。
たくさんの方に見守られながらニコとルルは旅立ったんだなぁと、感慨深いです。
ヒムネキキョウインコというのはとても臆病で繊細なので、
少しのショックでも亡くなってしまうことがあるそうです。
亡くなったルルを前にして、ニコは相当なショックを受けたのかもしれません。

私のほうは少しボーっとしたり体調を整える必要があるみたいで
充分心を休めながらしばらく過ごします。( ┰_┰)
その間、PBFDの陰転を目指すネムちゃんとラブラブしまくります。  (笑)



余談ですが、4畳半リフォーム計画はかなり前から終えているのですが
記事にしていなかったのでここでご紹介
オニーチャンの以前の部屋リフォームのゆくえ。

明るい色で統一しています。
もともと「インコたちとの暮らし」を考えて作りました。
「シンプルで余計なものが無い、電化製品は極力使わない」をコンセプトに。
そしてウンをされても後始末が簡単にと考えてあります。
ちなみに三面鏡が乗っているコンソールの下が、鳥ちゃんマンションでした。
000_7879puti.jpg

4畳半、結構広く感じます!
000_7888puti.jpg

一応折りたたみ式のテーブルも揃えました。
家具や物はヤフオクや100均などで極力安く。
000_7889puti.jpg

テレビ台をパソコン机に。
000_7893.jpg


このプチ御殿で勉強したりボーっとしたりして休養をとります。
ただいまニコとルルの膨大な写真の整理中!(・。・、)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ