スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネムのPBFD、陰転しました!

o(`・∀・´)○ 陰転しましたぁぁぁぁぁあ
あああぁぁぁぁぁぁぁあああ・・・ぁ…あ…ぅ ゜(PД`q。)゜。

000_9229.jpg

がんばった… ヽ(;ω;)ノ
ネムちゃんの血液検査とウンからの結果報告です。陰性です!!
キャリア状態にもなっていなく、体から排除完了!!(・`ω´・)DSC09232.jpg




はじめはこんなふうで…
お医者から「絶対治らない」って…
「亡くなるまで自分なりに可愛がるように」とか言われちゃうし…
DSC04416+[1]


あきらめと悲しみと、あきらめきれない心を抱きながら、
来る日来る日を泣き通し、違う病院で通院をしはじめたのが夏の事。
重い風邪と下痢とも戦いながら、脱落した尾と風切羽が生えてきて…
000_2739.jpg

勝った…そう、私たち勝ったのだぁ (( ( ( (。・`∀´・。) ) ) )))

000_8245.jpg
おぉ!ここでボンちゃん登場!!(実はニギコロができる)

ボンちゃんは、ネムと一緒にうちに来て里子に行きましたが、
重いAGY症を持っていたらしく、病気で亡くなってしまった子です。
ブリーダーさんがネムお迎えの時にオマケとしてつけた子でした。
愛嬌のある顔が忘れられないインパクトがあります。
000_7954.jpg
ボンちゃん、ネムちゃんが陰転したよ!
ボンちゃん、虹の橋の新入りのニコとルルとも仲良くしてる!?

懐かしい… わずか数日の幸せなふたりの日々。
DSC04265-2.jpg
甘~い世界はすぐに消えてなくなってしまったけれども…



ネムちゃん、陰転しましたが、まだまだ注意が必要です!
これからまたぶりかえすかもしれない危険も無きにしも非ず。

そして、内臓のほうですが、色々分かりました!
まず血液が濃い。つまり…
脱水症状が起きている→腸で水分が吸収されないから下痢が続く。
白血球は高い。
体の中で何かしらの炎症が起きている。よって再び抗生物質投与が始まります。
あとはヘテロフィル…リンパ球…LDHなど難しい項目がありましたが、
異常値が出ているのもあって(;・∀・)…まぁ通院はまだまだ終わらないですね…。

あと、またおデブになりましたー(- -、)
毎日毎日記録をつけて、ごはん管理もしてるのですが難しいです~
今回は36gだったのですが、下っ腹が脂肪でつまめました。
しかも足の裏に、「おデブによって負担がかかったタコ」ができていました
たった1g増えるだけで負担がかかるのね!?
一応理想体重は34g~35gまで。36gになったらおデブ!


今回は諦めないこと…その結果が出た今回、うれしい!!ヽ(;▽;)ノ
もうちょっと頑張って元気になっちゃうんだぞ!!(-`ω´-)
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
スポンサーサイト

PBFD、採血しました!結果待ちです!

PBFDから始まり、重い風邪と下痢を繰り返しているネムちゃんですが、
一通りの治療はして羽根は良くなってきていて、そろそろ陰転の
期待が高まってました。

でも、やっぱり体のどこかが悪いんですよね。下痢が治りませんし…
PBFDの遺伝子検査と内臓の様子を知るために、ついに 採血しました!
(ウンもとりました。血液とウンにウイルスが見つからなければ一応PBFD陰転!)

先生は、採血の再に念入りに「採血の危険性」を説明してくれました。
鳥さんはデリケートだから、万が一にもショックを受けてしまうとか、
1000分の1くらいの確率で運悪く逝ってしまうとか…慎重に丁寧に。。。

(:・`ω´・) ゴクリ…

私は同意して、採血に踏み切りました。
爪からじゃなくて首からの採血なので、内臓の事も分かるはずです。
そうすると、新しい治療方法もあるかもしれないし!

キャビギャピ騒ぐネムをしっかり保定し、リラックスさせたネムの首から
すみやかに採血をする…!そしてしばらくモミモミして止血…!
頑張った!ネムちゃん素敵!ヾ(●`・ω・´●)ノ

1日2日は安静に、という事です。脱走しないようにしなきゃ
PBFDは陰転…できてるだろうか?(・`ω´・)

000_7346.jpg

つい最近だった夏が過ぎて秋になり、冬ももうすぐ。
なんだかしみじみ

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

病院メモ、PBFDの色々な事。

ニコとルルの事で気持ちが落ち込んだのもあったし、
色々多忙だったりしたので病院でとった色々なメモが
ブログに書けなかったので一気に書いておこうと思います。(;´-_-`)ゞ
何か、お役に立てればいいな~と。


PBFDのこと。
ネムはヒナの時うちにきた時点でもう陽性であり、発症していましたが…
羽根も生えてきているし、異常な羽根も特に見当たらないので
良くなっていると思われます。(まだ検査してないので陰転したかは不明)

000_8933.jpg
見てて飽きないョ…(¬_¬)

一問一答!

Q. 検査でPBFDの陰性が出たとして、最初から生えている羽根にはまだPBFDの
サーコウイルスは現存しているのか?
だとしたら陰性が出たとしても丸ごと換羽されるまで隔離?
丸ごと換羽までどれくらいかかるんだろう?
A. 陰性だったとして、羽根にはウイルスの死骸が残っているかもしれない。
(確か5年は隔離って言ってたような気がするような…( ̄ー ̄lll)幻聴?曖昧です)
私としては陰性が出たらすぐ自由に遊ばせたりコミュニケーション
したかったので聞きました。でも検査は最低2度はして陰性を出さねばなりません 
カラブリっていう事もありますもんね。

----------------------------------

Q. 他院では水素水をあげてPBFDが治ったという話がありますがどうなんでしょう?
A. 使った事がないから分からない、否定も肯定もできない。
良いとされる水の商売は色々あるけれど、医学的に証明されている例は無いし、
本当に優れていたら否応なく出回っているはず。
…体調が良くなることはあるかもしれない。
だけど、処方薬の中の物質と水素が結びついて薬の効果が無くなる場合もあるので、
そういうものは飼い主の判断で健康な鳥さんにサプリとしてあげる、というのはいいかも。

なるほどですね…(・。・)医院によって処方薬の中身が違いますし、水素水を与えている
その医院の処方薬との併用は相性がいいという事かもしれないし…との事でした。
EMという善玉微生物をあげている人も沢山いますが、それも飼い主の判断で
元気な鳥さんにサプリとしてあげればいいのでは?という見解でした。
プロポリスなんかをあげたいときにも処方薬との相性があるので、こういうものは
やはり「サプリとして飼い主の判断で元気な鳥さんにあげる」という事です。
信頼できる先生の言う事はおとなしく従うに限りますな…(;゚-゚)

000_8918.jpg
薬水とシード&ペレットだけでは食べる楽しみが無いね…(・ε・)
ネムの病院では青菜も十円玉くらいの大きさまでと決められています。

----------------------------------

Q. PBFDの子がフン食べをしたらフンの中のウイルスが更に増えるのだろうか?
A. フン食べというのは自然な事だったりする。
そもそもウイルスがフンや脂粉の中にあるとは限らない。
血液の中だけに存在している場合もある。

----------------------------------

Q. ウイルスとは、生物(宿主)の細胞の中だけで増えていくのか?そもそも
ウイルスとは生物学的には生命活動をしていないので生物ではないらしいが…?
だから熱湯でもアルコールでも死なないし…
A. ウイルスは生き物と考えていい。
消毒剤のビルコンSでウイルスは(全てではないが)死ぬ。

(°Д°)
ビルコンS(禽舎用消毒剤)でも死なないほど強いウイルスと思っていましたが…
ちゃんと効くみたいですね。この点についてはメーカーにも問い合わせて聞きました。

・PBFDのサーコウイルスは色々なウイルスの中でも特殊。
・ペット(畜産以外)では全くデータが無い。サーコウイルスへの効果も不明。
 (ネム病院の先生はちゃんと結果が出ていて効果があると言っていました)うーん?
・ビルコンSはウシ・ブタ・ニワトリに使われている。
 ニワトリだったら幅広い大半のウイルスに対応していて、細菌に効果がある。
 でも殺しにくい細菌もある。
・ウイルスの感染量によっても効果は違ってくる。
・服にウイルスが付いた場合を予想して、そういう場合はまず洗剤で服を洗う事。
 (ウイルスが水で流れていくから、という事です)
・とにかくウイルスというものは洗剤で「洗い流す」は基本。
・強いウイルスの場合は濃度を濃くする、暖めて使う(~40°くらい)と効果的。


----------------------------------

000_8881.jpg
ネムちゃんにキクスイの塩土を数粒あげてみました。
ためらう事なく美味しそうに食べてる~!(*`▽´*)


(-`ω´-) …とまぁ、PBFDに関するメモはこんなふうです。
で、PBFDというのは陰性・陽性を知るだけなら爪を切って採取した血液から。
ベストは首からの採血で、信頼性は爪からの採血より断然良いのですが…、
キケンもある。(1000分の1の確率でショック死してしまったり…)
首からの採血がベストというのは、内臓(肝臓・腎臓…と色々数十科目)の事が
分かる。
ので病気が見つけやすいとの事。

ヽ('A`)ノ とりあえず以上
…長文で疲れた。メモも山積みのままだったので… うぅ…腰が痛い。

明日は通院の日です
とにかく、治ればいいのだ!!((((ノ`-_ゝ-)ノ
ネムちゃんと一緒に頑張る

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 応援祈願を夜露死苦おねがいします!

心配だ!

体調が悪い日が続き、更新が滞ってしまいました

先だってしまった若い5ヶ月の命たちニコとルルのケージはまだたたまない…
ちょっと待っててね・・・ニコ、ルル
お花もちゃんと用意するから( ; _ ;)



そしてPBFD&風邪&下痢のネムちゃんの事です。
書き留めておきたい事は山ほどあるけれど・・・
10/13日にネムは連続オエオエしていたので緊急で病院へねじこんでもらい、
そのう検査ではとりあえず異常なしで現状維持でした。

一連のオエオエの画像
000_8745.jpg
一見あくびに見えるが…

000_8745-.jpg
吐きもどすようなしぐさを連続でしまくる・・・

000_8745--.jpg
あくびだよね?眠いだけだよね??ネムちゃん・・・


その一週間後の10/21日の通院では、今まで数か月投薬を頑張ったけれど
あまり良くならないという事で近々PBFDの検査も含め、血液検査も
視野に入れていこうと、とりあえず抗生物質を減らし、
下痢の薬も減らし、今回はインターフェロンも切ったのですが…
(抗生物質は同じものを長い間使っていられないのです。
今までの投薬で薬の内容事態は色々かなり変えていてやるだけやった感じ)

今日は何だか朝から下痢ぎみ。
今まで下痢は良い方へ向かっているように見えたけれど!?
そして小さい羽根がポロポロ落ちていて、ちょっとビックリした私。。。
( ; _ ;)
いきなり多めの羽根が抜けるなんてヤダな。。。
ただの抜け替わり!?換羽かな??PBFDの症状でも出てるのか??
DSC09054.jpg
それともストレスかなぁ・・・

頑張ろう、ネム~((ノ)゚ω(ヾ))

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

前へ後ろへ。

PBFD陽性&発症のネム、8回目の通院です。
今回は9/27に2羽一緒に急死してしまったアキクサインコのルルと
ヒムネキキョウインコのニコの話も聞いて頂き、先生も私も湿っぽくなりながらもお話し、
なぜ逝ってしまったか・・・だいたいの結論が出ました。
まとめると長くなるので、そのことは後日詳しく書きたいと思います。


久しぶりのネムちゃん写真です。
PBFD、重い風邪、下痢、カビ、体重管理中! (´ーωー`)
2011y10m08d_192419875.jpg
ちょ・・・逆さま・・・(*¬_¬)

DSC08937-nemotokuroinonuketa.jpg
PBFD特有の良くない羽根が一本抜けました!よし!(・。・、)


PBFDのネムの7回目の通院時はダイエットがまず課題でした。
おデブになっていたので、体重36gか37gを目標に頑張ってみるようにと指示を頂き、
決してあせらず、一日にシード3g+粉ペレットを続けるという事でまとまりました。
急激にダイエットさせると肝臓に負担がかかるのです。

ウンのほうはなかなか良かった!
完治しないほどのひどい風邪も良くなってきていました。
なので抗生物質をこれから弱くしていき、インターフェロンのほうは副作用が
出ていないのでもう少しつづけてみて、点鼻は切る事になりました。


だけど今回8回目の通院で・・・
(っω;`。)グスン
体重は2週間でゆるやかに下がっていき35g台となりパーフェクトだったのですが、
初めから問題だった風邪が前回は良かったのに悪化していました。
風邪は複雑な呼吸機を持つ鳥にとって致命傷になるのです。
まず、ウンが良くない!
ウン検査ではカビは見つからず、それは良いことなのですが
2週間分の持参したウンを診てもらったところ、もちろんとても良いウンもあったのですが
ダメなウンとまぁまぁ良いウンが混在していました。

000_2469-midori-un.jpg

000_2469-kiiro-un.jpg


尿は白であること、そして尿酸は緑でもまぁOKとのことです。
でも問題は尿酸が黄色すぎるものです。肝臓が悪いという事です。
毎回抗生物質を変え、肝臓の薬もずっと投薬してきましたが慢性化しているとのことです。
「良くなってほしかったけど、ダメかぁ・・・」
「呼吸の異常音も気になる」
「全体的には良くない」
「やっぱり風邪の完治は無理かもしれない」と先生。

・・・(っω;`。)スンスン

【今回出されたお薬の内容】
・前回切った点鼻薬をもう一度出す。(抗生物質が入ってます)
・今まで種類を変えながら内服していた抗生物質は切る。(内臓に負担がかかるから)
・総合感冒薬を出す(風邪薬)
・引き続きカビの薬を出す。
・ビタミン剤は毎日続ける。

DSC08932.jpg

PBFDの検査のほうは、年内に行う予定です。
せめて陰転してくれていれば・・・願うばかり。

そして、先生は対面したことのないルルとニコの急死の事を聞いてくださり、
長い私の話に付き合って頂きました。
「うちに今度連れてきて検査もしようって言ってたのにね・・・」
「本当にご愁傷様です」
深々と頭をさげて2羽の死を悼んでくれました。
私はボロボロ泣いてしまったのであった。

にほんブログ村 鳥ブログへ

PBFD・ダイエット・下痢・カビ。

PBFDのネムちゃん、6回目の通院です。(-`ω´-)

陽性・発症のPBFDは、徐々によくなっているようです。
色々困難が重なる中、羽根の調子が良くなるのが早かったみたい。
先生にえらいぞ~!と褒められたネムちゃん。
治るかな~?治るのかな~?(-ω-` )

はやく一緒に遊びたい 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァン 一刻も早くからみたい!!
000_4460.jpg



で、今回も課題だったダイエットですが… (- -、)
目標の35gにはいったんですが、ダイエットの仕方が問題でした~ (´A`)
ダイエットというものは難しい
おデブであることだけが問題ではなく…
人間と同じで無理なダイエットはダメ。ゆっくりやっていく事が肝心なのですね・・・。
llllll(- _ -;)llllll
何が何でも目標の35gにするために、無理な帳尻合わせなダイエットを決行してしまいました。

前回4gのシードで体重が落ちなかったので3gから始めることにしたのはいいが…
35gになるまでシードのグラムをちょこちょこ変えていた・・・(-ω-` )
そこで、またごはんの見直しです!

3g+粉ペレットを朝と夕方2回にわけて与える。それを最低5日は続ける。
そこで出た体重を分析。多くするか少なくするかそのままにするかを決める。
朝は7時に多めにごはん、夕方は4時に少な目にごはん。7時に寝かせる。
( - ゛-)むぅ…


そして今回は約2週間分のウンをジップロックに入れて持参しました。
結果は良いウンではなく、下痢です。
メガバクテリアカビ)も前回見つかって、まだ治療していますし…
妙な形の何かも今回発見さえました。ああッ退治じゃ~~~(`Д´)
「この子は大変だね~( ゚∀゚)」 と先生・・・(¬_¬)

(。┰ω┰。)シクシク

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

え?メガバク~??

PBFDのセキセイインコのネムちゃん、5回目の通院です(・`ω´・)

今回も羽根がとてもいい状態になってきていて、ほとんどの羽根は
根本がピンク色。黒っぽいのは一本だけでした。ヤッター(* ̄ω ̄*)
前の病院では「治らない」と断言されたけれど治る気がするもん…ρ(ーωー、)

全部脱落していた風切羽としっぽ、生えてます(- -
000_4551.jpg



そして、前々から問題だった体重の方ですが。
相変わらずで、ちょいメタボです。お腹の下が脂肪でつまめるのです。
一日4~5g(シード+ペレット粉)では少し多いかも。
なので少しずつ減らしていく予定です。
ごはんを4gから3,5g、3g…と減らしていくのですが、少ないのでは?と
質問すると先生いわく、「消費エネルギーに合ったご飯の量をあげる」という事でした。
確かに、アスリートの食べる量と運動のできない者が食べる量では違いますしね。


で、今回の糞便検査で見つかってしまった…!
メガバクが!!( - ゛-)チッ
メガバクは毎回の検査では見つからなかったのですが、今回は居ました!
メガバクという奴はどこからやってくるのか分からない輩です。
まったく油断も隙もあったものではないッ( ̄△ ̄)
000_4376.jpg



そしてPBFDについてちょっとお話が聞けました。(-`ω´-)
先生の所には、20年以上生きているタイハクオウムがいますが、タイハクというのは
PBFDの感受性に強い事で知られていると思います。
そのタイハクはPBFDの子と一緒にお世話をしていたそうです。それでもタイハクには
PBFDが感染することは無かったんですね Σ(・A ・ )
先生いわく、もしかしてほんの少しずつPBFDに対する抗体が自然に体についたのでは、と。
やっぱりかかる子はかかるけれど、かからない子はかからないという結論です。
抵抗力が低い子はかかる、という事になりますね。( ゚∀。)ノ

最近空気清浄器が気になっていて色々調べたのですが、やっぱり
プラズマクラスターも光クリエールもサーコウイルスを引っかける事は出来ないと
思われる…とのことで、購入をとりあえず見送る私。(; ̄ー ̄A

000_4475.jpg
とべるさ!!(=ω=)



今度の通院ではウンを持参します。ヾ(´∀` )
ウンのまわりにできるシミが黄色で気になるので実際に持っていくことに

今回はメガバクの薬が増えた。( - ゛-)
粉薬もその都度内容が変わります。同じ抗生物質だと効き目が悪くなるからだそう。
ううう…毎回思うけど、人間の治療費より高いッ┗(;´Д`)┛

【診療内容】
再診料   1000円
糞便検査  700円
処方薬量  650円
〃      800円
〃      2000円
〃      400円
〃      190円×14
合計 …  8620円(消費税込)

PBFD、ダイエット、メガバク、頑張るぞ~!!(◎´ω`)9"

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

PBFD通院、良くなっている羽根とダイエット。

PBFDのネムの4回目の通院です。

現在ネムの生活環境はこんな感じ。
プラケースから水槽に引っ越しました!
右の花柄の箱は100wのペットヒーターの覆いです。熱が無駄に逃げないように。
000_3942.jpg

最近ではだいたい31度~34度設定です。
GEXの爬虫類サーモも導入したので、温度管理が楽!
000_3993.jpg

で、退屈だとたまにこんなことになる)…お?腹が割れてる(
000_4027.jpg

2度ほど脱走しました。ε=ε= (ノ ̄▽ ̄)ノ000_4070.jpg


さて、今回の通院ですが、まず羽根の調子が順調です!!
黒い羽根の付け根がほとんどありませんでしたヽ(;ω;)ノヤッター!!
ニョキニョキ生えた羽根がこのまま良い羽根のまま育つことを願うばかり。

しかし、新たなる課題が…(
初診の時は28gしかなかったのに、現在37~40gのおデブなんです。
触診でおなかの下を見ると、ブヨブヨの脂肪がついていました(-ε-。)
…と、いうことでダイエットが始まります。。。

まずグラムを計量した殻つきのシードが一日どれくらい減っているかを調べ、7日間つづけて1日平均を出します。その間、かならずペレットも置くこと。ネムの場合、良い羽根を生やすために栄養を摂らなければならないのでペレットはハリソンのハイポテンシーでエネルギー多めの。(おもにヒナ用・幼鳥用らしい)
2週目からは1日平均のシードにペレットをつぶしたものをふりかける。それを1日に2回以上に分けて与えるという具合です。
う~ん…(- - )痩せるのか?
しかしやはり医師はペレット食をおススメしますね。
インコには是非食べてもらいたい所です。

薬水はいつもと同じで、インターフェロン4滴、肝臓の薬16滴、栄養剤1滴、粉薬を水に溶いたものを数回にわけて与えます。

ダイエットも大変だなぁ。
現在与えているCAP!さんの無農薬小鳥ミックスはカナリーシード抜きですが、結局沢山食べれば太っちゃうんですよね。
゚.+:。ヨヨヨョョョ(´・ω・`)´-ω-`)´_ _`)ョョョヨヨヨ゚.+:。

【診療費】
再診料     1000円
糞便検査    700円
30㏄ビン     50円
処方薬料    2000円(インターフェロン)
処方薬料    190円×14包
ペレット100g  460円  
合計       7190円

がんばるぞ~(

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

オカメ的セキセイインコ。

PBFD発症のセキセイインコの闘病

PBFDのネムは、基本的に粉の栄養剤をからめたシードと、ペレット、薬水のみです。

いつものように、ごはんを食べるセキセイインコのネムたん。
 (- - )じ~…

000_2779.jpg

ん?あれれ?(°Д°)
000_2799.jpg

…(°Д°)
000_2854.jpg

こらー!!薬水で水浴びしようとしたでしょ!!(
病気中の水浴びは禁止なのに…(-ω- )頭だけなら、いっか。
オカメ的ヘアスタイルでご機嫌らしい。


ネムネムは今までプラケース住まいでしたが、このたび水槽の新居に引っ越しました
とりあえず幅41×奥行21×高さ26のガラス水槽。まだカスタムしなければならない所がありますが、今までより広いので快適そう (*´-`*)ゞ
少し運動もさせたかったんです。この中だったら走り回るスペースも少なからずあります。
GEXのデジタル爬虫類サーモも導入しました。
うーん、あとヒーターは100wに買い替えようと思っています。

000_3368.jpg

うむむ…これでは水槽の全貌がわかりませんね。また今度撮ります

000_3369.jpg

ネムの体重はだいたい朝が38gなんですよね。夜は40g。
はっきりいってデブだ…(¬_¬)食べないよりはマシですが。。。
シードもカナリーシード抜きにしていますが、なかなか体重が落ちません。
今は医師の指示で青菜はほぼ食べられないので、野菜ダイエットも出来ないんですよね…。
となると、早めに寝かすのが一番なのかな。

000_3390.jpg
羽根は今のところ順調みたいです!!
異常な羽根もまだありますが、抜けて正常な羽根が生えれば良いという事です。
ヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪

おまけ
000_2272.jpg
ハッ!!(  ̄ロ ̄)ルルが自己主張してる!!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

危篤寸前…。病院物語。

夏風邪が長引いてブログ更新が遅くなりました( - ゛-)

新しい病院で3回目の通院です。
まず毎日の症状、フンについて、風邪の事についてお話しました。
あいかわらずのひどい風邪で片方の鼻が完全に鼻水で塞がってしまいました。
お迎えした時から妙な呼吸をする子だと思っていましたが、完治不可能の風邪とは…
固まった鼻水をピンセットではがしてもらいました(-ω-` )
鼻の中も少しグリグリ。中から水っぽい鼻水が出てきました。

000_3157.jpg

ついでに鼻水で固まったガビガビの羽毛をブチブチ抜いてもらいました。

000_3160.jpg

今回の保定は、かなりストレスだったみたいです。
離された後はずっとブーブーガーガーと怒って、ヘタリ込んでしまいました
他の子にとっては小さな事でもネムは相当のショックを受けるようです。
前回の通院では暑さで相当参っていました。今日は保冷剤を持参しましたがそれほど暑くなくて、むしろカイロのを持参した方が良かったみたい。
とてつもなくデリケートだ┗(;´Д`)┛ 温度管理ももう少し考えなければ!

そして、肝臓が悪くても、鼻が詰まって息が出来なくなっても、それだけで「斜頸」の恐れがあるので点鼻薬を出してもらうことにしました。点鼻薬は四分の一滴を両方の鼻にさします。スルッと通って行かないときは無理をしない事と教わる。一番いいのは、点鼻薬をさしてクシャミを沢山する事。
保定のせいで「手が嫌っ子」になる場合もあるので、どこまでするかはネムとの折り合いです。私は少しでも「手は敵」と思ってもらうのを避けるため、派手なツブツブの付いた滑り止めピンクの軍手をしています(;´-∀-`)ゞ
敵は軍手だから!人間の手じゃないから!みたいな(・`ω´・)


そして帰りしな、肝が冷える思いをしました( ̄ω ̄lll)

病院から徒歩20分、駅内ホームにつくとネムはもう虫の息だったんです。
「あ…これはヤバい」と思いました。あっちの世界へ逝く間際の顔つきをして、グニャっとつぶれるように倒れて首が妙にねじれ、視線があらぬ方向へ。死んでしまう間際のような表情というか状態だったのでかなり焦りました。

000_3149.jpg

「(*´;ェ;`*) うぅ… 病院へ電話して走って引き返すべきか…でも今日は病院でストレスがかかっただろうし、この状態でバタバタと刺激を与えたらもうダメかも」と思い、何本が電車を見送って様子をうかがい、最悪な事態を考えてしまいましたヽ(;ω;)ノ

000_3153.jpg

うつろな目をしていましたが、どうにか「帰れるかも?(-公-、)シクシク」と恐る恐る電車に乗って、その間もキャリー内の壁にもたれかかるようにグッタリ&ポカーンとしていて、「大事な選択を間違ったらダメだ。病院へ引き返すべきだったかな」なんて思いながら終始揺れないようにしていました。
家について急いでネムをとりだしてカキカキしました。
自分のいつもの居場所に馴染むと元気をとりもどす…
キビキビと動き出す…

…(´pω;`) ネムのバカ。
とにかく帰路は心配でした。
ふぅ…........ρ(ーωー、)


今回のお薬!(・`ω´・)
DSC08549.jpg

【治療費】
再診料   1,000円
糞便検査   700円
処方薬料   650円、800円、2,000円、190円×14包

合計    8,200円

肝臓のお薬はやっぱり効いているようです。ニョキニョキ中です。生えても付け根が黒いものは相変わらず抜けていくようですが、だんだん良い羽根に抜け替わる事を期待

000_3139.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

PBFD、はえてきた尾。

肝臓の薬が出されてから5日目。
それまで無かった尾の筆毛がニョキニョキはえてきました。

今日は投薬から6日目。
羽づくろいの時に観察。(´・ω・)ノ

000_2751.jpg

付け根が黒いのがあります。
まだまだ安心できないなぁ |;´・ω・`|ゞ
何回か抜けたり生えたりして、最終的には正常な羽根が生えれば問題ないんだけれど。


台風が近づいてきて少しだけ涼しくなったのか、28度部屋では背眠しようとしたので、廊下の30度の場所へ移し、ペットヒーターを入れました。風邪、ぶりかえしたらヤダな。この子は♀で気が強いけれど、体はとても弱いんだと実感する。
いつも一緒にいて、様子を見ています。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

PBFD闘病、病院物語。

PBFD発症のセキセイインコ、ネムちゃん。
新しく病院を変えて2回目の検診です!(・`ω´・)

今日はセキセイ♂の患者さんがいました。
聞き耳を立てていると、セキセイさんはメタボで大変みたい。
他の患者さんの話を聞くのも大変勉強になります。


さて、今回の検診ですが。
前回まず体重を増やす事&風邪を治すように保温に気を付ける事が目標でした。
風邪はひどいので完治しない可能性が高いという事で、まだ鼻水はグズグズしていましたが、何とか体重32gから38gに持っていくことができました!(・`ω´・)
これは細かな指導をしてもらいたいと思い、エクセルで毎日つけた温度管理と体重、その他所感の記録です。
2011y07m15d_165030064.jpg
2011y07m15d_165040117.jpg
毎日、朝昼晩の体重と、温度管理について、状態、フンの様子、思った事を記録しました。これのおかげで先生も徐々に体重が増えて言った事や、私が思っている疑問などを把握してくれました。先生は「おお!体重増えたねぇ~( ・_ゝ・)ゞすごいすごい!」と言ってくれて…
記録しておいてよかった!(-_☆)V

診察中のネムネムはキャリーの中でおとなしくしていました。
寒がることもなく、なかなかいい子。

000_2464.jpg

そして、毎日の鼻水の様子や食欲の様子も細かく聞かれ、記録してあった事に対して「日光浴はしなくていいよ、温度変化が無いほうがいいから」など色々聞けました。
そりゃそうか、ここで処方してくれるビタミン剤にはD3も入っているし、日光浴をしなくてもいいんだよね…ストレス解消にカキカキを沢山してあげよう!ヾ(-_- )

そして、フンの検査。
今回も特に寄生虫やメガバクは居ないとのことでホッとしましたが…
「フンのまわりが黄色ですが、これはビタミンが出ているんですか?それとも肝臓が悪いんですか?(p´・_・`q)」
「肝臓が悪いね。体重が増えてこのお腹も出てきたんだけれども…この膨れ方は…」(どうやらお腹の色や膨れ方?フンから肝臓が悪いかもしれないという結論に。)
「前回も言ったけど、肝臓が悪いと使いたい薬がね…。あと風邪がね、まだ鼻水が出てるから…あと少し息が荒いね( ・_ゝ・)ゞ」

そしてフンですが…

000_2469.jpg
白いぶぶんは尿。これは白くなくてはいけないのだけれど、ネムのはクリーム色。つまり、やっぱり肝臓が悪い(-公-、) これでは新しい治療に進めないので、風邪をもっと良くする事と、肝機能を高める事として新しいお薬を出してもらう事に。ちなみに羽根は肝臓で作られます。
「やっぱりこの子、3~4ヶ月の子だと思う。それがネックだね~( ・_ゝ・)ゞ」
「うう…はやく本格的治療にとりかかりたいのに…ヒナじゃなかったなんて~(-ω-` )」

「あと、今まではとにかくエサを食べてもらって体重を増やすために夜も明るくしていたけれど、今日からは暗くするように!体重が38gになったのは良いね。でもそのうにエサが入った状態での体重だから、今度は夜は暗くして、そのうに何も入っていない状態の朝に体重をはかるようにしてみて。それで35gだとイイ!( ・_ゝ・)ゞ」


前回の指導では、夜も明るくして餌を食べられるようにしていました。
私の場合はプラケースにペットヒーターを近づけて、ネムが決して寒がらない&暑がらない温度にするように見張りながら過ごし、廊下の常温の30度の場所で落ち着きました。

000_2466.jpg


そして、今度からはこういう事ですね!
夜は暗くする!寝かせて、そのうにエサが無い状態の朝に体重を計る!
あと、食べなくてもペレットは入れること。

000_2466-2.jpg


今回のお薬です!(・ω´・〃 )ノ
DSC08535.jpg
薬水は30ccを作って1日半分づつあげるのですが、残った半分は冷蔵庫へ入れます。
そして、常温にもどしてから取り替えます。冷たいと効果が低いとか。
先住インコ用にも栄養剤をつけていただきました。
「完全ペレット食ならいらないよ、エサはどうしてるの?( ・_ゝ・)ゞ」
「シードが6割、ペレットが4割くらいです。ペレットはちゃんと食べてなくて(;´-∀-`)ゞ」
「ふむふむ、ビタミン&ミネラルが過剰も副作用が出るからねぇ。( ・_ゝ・)ゞ」
「前回漢方はやめたんですが、やっぱり漢方出していただけますか?(p´・_・`q)」
「今回は漢方はやめとこう。あまり色々だと、どの薬がどういうふうに効いているのか把握しづらいからね~( ・_ゝ・)ゞ」


あとは、ウイルスの殺菌について聞きました。ビルコンsの希釈は病院によって見解が違うのですが、こちらでは500ccにつき1gで希釈とのこと。自分なりに、できるだけやって、あまり神経質にならない事。

そして最後に、「がんばろう!(・`ω´・)と言っていただきました。

(ノω・、) ウゥ・・・ がんばるぞ!

帰り、ネムはワキワキ&ハァハァしていました。
暑いんだ!早く家に帰らないと!!o(T□T)o 超焦りました!!
ネムネムは弱い子だから…

000_2459.jpg
今度は保冷剤も必要かな…(*´;ェ;`*) うぅ… 頑張ろう!!

[治療内容]
再診料   1,000円
糞検査    700円
栄養剤    150円
処方薬料   675円
処方薬料   2000円
処方薬料   800円
処方薬料  2,520円

合計     8,237円

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

お出かけインコ。

日曜日のこと。
マッタリしていた。

アキクサインコのルルと、ヒムネキキョウインコのニコを見ながら、
「ふぁ~(ーωー)…インコたちの子供が見たいな~。孫がほしい」なんて言ったら母が、
「いや、孫が見たいのは私よー!あんたら兄妹の(¬_¬;)」と横目で言われる。
「…(◉◞౪◟◉;)でもインコの子育てに興味があってね…感動するのかな、とか思う」

そして…

「孫つれて外行ってくるわ!ネムネム行くよ!(  ̄ロ ̄)」と母がネムと外出ノリノリ!
「(っ´∀`c)あ、そう!?猫とカラスに絶対気をつけて!!ストレス発散させてきて!」
「30分くらいでいいかな~( -_-)9 」
「(p´・_・`q)猫とカラスに用心だよ!変なのかじらせないでね~夜露死苦!」

そして具合が良くなっているネムと母はしばし外出。

そして後になって写真をもらいました。(ほとんどピンボケであった・笑)


おお…楽しそう( ̄▽ ̄)

DSC04546.jpg
愛車に自分から乗ったらしい。

DSC04485.jpg
木登りか!いいな~( ´艸`)ムププ
通りすがりの人が「何かいるんですか?」「あ、この子はインコで、病気で飛べなくて」と交流したらしい。

DSC04513.jpg
砂遊びヾ(*゚∀゚*)ノキャッキャッ♪

DSC04497.jpg
ちょっと満足そう…(っ´∀`c)キュンキューン

最近ネムを心配してくれるようになった母。嬉しい限りです。
この前は「ネムは家族だからね…」とポツリと言っていました…(´☻ω☻`)ウルウル

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

病院物語。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


陰転できるかどうか分からないPBFDの発症
ネムは新しく病院を変えたので、病院での事を少しメモ。

まずなぜネムの病院を新しく探したのかというと、今の病院はとても良い所ですが、治療をしても治らないと断定され泣く日々が続いて参ってしまった事があります。そこで、メールで頂いたPBFD情報や、とりっちでも情報を頂き、すがる思いで予約が難しい病院に電話を掛けました。そこは何となく知っていた病院でしたが運がよくキャンセル空きに入れました。


PBFDだからもし予約できたとしても時間外診療だと思っていましたが、普通の時間帯に診療していただきました。これには少し驚きです。PBFDのウイルスとは見えない敵。熱湯でも死滅しない手強い相手。根気良い殺菌が当たり前では…?前の病院ではネムの初診で危険視から院内の方たちが外に出されたり、再診からは必ず時間外診療だったのですが…ここでは院内の方たちはそのまま院内にいて、感染の危険も有るのでは…と不安になりつつ、殺菌の事より基本的な事を叩き込まれました!

保温です!(・`ω´・)

正直保温を甘く見ていました。夏だから暖かいだろうというのは間違い。教えられたとおりに保温しています。ネムはまずひどい風邪で、PBFDの本格治療より先にこれを治さなければならないらしい。


とにかく、基本がとても大事なのですね!!(・`ω´・)
分かってるようで分かってない基本が大事なのですね!!


さて、先生はまず前の病院で何をどのように治療したかを念入りに考察。
「メガバクテリアの薬だけ?」(・ι_・)ゞ
「入院から帰ってきたときはメガバクの薬だけです。その時はまだ遺伝子報告書の結果待ちでした」(´ーωー`)
「持ってきた遺伝子検査報告書とPBFDの薬を見せて」(・ι_・)ゞ
「これが報告書です。この薬が処方されたアガリスクです」(´ーωー`)「それでネムの報告書は、ガサゴソ…」
「ああ、全部見せて」(・ι_・)ゞ
「こっちのは先住インコの報告書です。ひどい毛引きだったので。ネムの報告書の方が日付が早いのは、課金して早急に結果を出してもらったからです」(´ーωー`)
「それから病院へ行ったのは?」(・ι_・)ゞ
「えーと、えーと、6月なかばくらいです」(´ーωー`)
「鼻水の事はなんていってたの?」(・ι_・)ゞ
「鼻がつまっている…としか…」(´ーωー`)
「詳しく聞かなかったの?風邪の薬は出されなかったの?」(・ι_・)ゞ
「いえ…風邪の薬は…」(´ーωー`)

(´ーωー`)

エサは何を食べさせているか…ボレー粉はヨウ素が含まれているのでイカ甲もいいけれど白いボレー粉を与える事、ポピュラーなサプリメントであるネクトンは1日3回くらい水をかえなくてはならないので、かえって使わない方がいいという見解もある事、「エッグフードをあげるのは何故?卵でしょう?タンパク質をあげたい?でも半生が長く持つと思う?」と疑問をなげかけられる。そこで、やはり基本的にはアワ・ヒエ・キビ、またはペレットが理想だと思いなおす。
ビタミンD3は何を作る?」と問われ、「あれっ、D3が必要なのは分かってたけど、何だっけ…(;´・ω・`)ゞ」と、慌てる。「骨ね!」と言われ、「ああ!そうだった…」と理解してたつもりがそうでなかった自分に驚く。そしてネムの風邪がひどい事を教えられ、「保温」がいかに大事かを長くにわたって説明を受ける。
体重はかり、32gあったが、触診で「そのうに餌が入ってるから本当の体重じゃないね。見てこのお腹」と下腹が骨がせり出し痩せている事を指摘される。
ネムをケージに入れる。ネムはおとなしくしたり、背眠したり。

000_1821.jpg

000_1815.jpg


「フンはいつもどういうカンジ?」(・ι_・)ゞ
「いつも見てますが、いいフンだと思うんです」(´ーωー`)
フンの検査でメガバクは見つからなかったが、今後絶対見つからないという事は無い事を教わる。

そしてPBFDの話。
「大型の子で治った経験は有りませんがセキセイでは発症してても陰転4割」(・ι_・)ゞ
「はい、…はい…!!」(´☻ω☻`)ウルウル
「ただねー、この子は風邪がひどいよ。この風邪は完治しないかもしれない。この図を見て。鳥は頭の中から骨の中まで菌がまわってしまう。まず鼻水は頭の中にたまっている。4割の子は陰転するけど、1年以内。1年以上の子は陰転した事は無い。使いたい薬があるけれど、風邪を治してからでないと危険もあるからね~」(・ι_・)ゞ
「はい、…はい!!」(´☻ω☻`)ウルウル


そして本格的に「保温」の話にうつる。
ケージの隅にいるネムに「ごめんねー」と言いつつガシンと音を立てる。

000_1817.jpg

するとおとなしくしていたネムが驚きシュッとなる。
「ほら、今まで膨らんでないようで膨らんでたんだよ、寒いんだよ。このシュッとなった状態を保つように。背眠させないように」と指導を受ける。ケージの上に白熱灯を上から当て、ムンムン汗がでてくる人間。

000_1829.jpg

「わたしたち汗でてきたねーかなり人間にとっては今暑いよねー、けどこの子は今膨らんでないってことはこれがちょうどいい暑さなの」(・ι_・)ゞ
「え…!?こんなに暑くていいのかぁ…」(´・ω・`)


そして教わった通りに保温。ごはんはシードにビタミン粉をまぜ、まき餌を少しして、あとは薬水のみ。日に日に体重が増え、動きが良くなり、目に輝きが出てきました!!


ほえ~~(  ̄ロ ̄)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

PBFD治療、新しい病院へ!

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


色々な情報をいただきつつ、色々な情報を探して新しい病院へ行くことにしました!
とても予約がとりにくい病院なのでドキドキしながら今日電話をかけると、
幸運なことにキャンセルで空きが出来たとのことで、急いで支度をして行きました!


ネムの違う問題がまず浮かび上がってきました。
ますはひどい風邪。これは完治は無理そうだと覚悟をする。
そしていつもの病院で検査した時は爪を切って採血し、PBFD(+)の通知をもらいましたが、本当は首からの採血が良いそうです。肝臓の状態が分かるので。肝臓の状態が分からない事にはPBFDの薬が出しにくいので、まず風邪を治す事から。

そして驚いたことに、ネムはヒナ上がりなんかではなく、少し成長したインコとの事。

PBFDは発症していても陰転させる事ができる事がやはりあるそう。だとしても一年以内だそうで、それ以上の子になると陰転の例は無いそう。でもまだネムは望みを捨てたらいけない…(><;)どうか治りますように。。。

000_1298.jpg
栄養剤、ビタミン剤、インターフェロン、抗生物質、粉薬。

000_1303.jpg
病気だった薔薇が復活して咲きました!
病気なんか、どっかへ飛んでいけ~!!(ノω・、`)

【診療費明細】
初診料  1,700円
糞便検査  700円
栄養剤   150円
ビタミン剤 600円
処方薬料  375円
処方薬料 1,000円
処方薬料  180円×8
瓶      50円
合計   6315円

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

心配すぎて。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


PBFDが発症していても、陰転は望めるのでしょうか…(・_・`)
発症しているけれど治ったというのは、数少ない例なのかな。

プラケース生活のネムですが、もっと自由に走りまわせてあげたい。
もっとコミュニケーションをとってあげたい…。
具合が悪そうだととても気になるし、呼吸器のほうもやっぱり心配。
でも先住インコも守らなければなりません。
治療をしつづけても治らないなら、この生活はネムにとってストレス。
色々な思いが沸いて来て、右にも左にも行けないような気がして時々不安になります。


明日、新しい病院で予約がとれるかどうかたずねてみます。

000_1034.jpg


海外からオーガニックの種が届きました~ヾ(●`・ω・´●)ノ
 Wird Gaeden Seed さんの種です。もちろんハコベもあります!
カタコトの英語でもなんとかなるもんなんですね。もう一社からの種はまだみたい(・_・)

000_1279.jpg

ネムはお野菜が嫌いだけれど、ハコベなら大丈夫かな?(´ーωー`)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

ちょっと切ないセキセイインコの話。

母と、母のデジカメの写真を一緒にみていたら、何とも愛らしい写真が出てきました!
そう、ボンちゃん(仮)です!
ボンちゃんの話はこちら、「さよなら、幸せの渡り鳥」

ボンちゃんのあの後について、少し書きたいと思います。


ふたりは一緒にうちに来ました。そして2日間だけ一緒にいました。
仲が良かったなぁ。この2日間のふたりはとても幸せそうでした!

DSC04265-3.jpg


羽衣のボンちゃんは里親さんを探すこととなりました。
ネムは容体がお迎え直後で急変し緊急入院と検査。そして隔離。
仲良しのふたりはわずか2日間一緒に過ごし、その後は同じ家にいながらにして離ればなれ。

DSC04305.jpg
ボンちゃんの愛らしさはなんといってもこのお顔!!
愛嬌たっぷりのジャンボセキセイ顔です!

DSC04311.jpg
そして背中にはアゲハチョウが咲いている(笑)


そして健康な状態でボンちゃんを引き渡したかったので、お世話になっている病院で2日間入院させました。その時分かったのが「頭部傾斜」と足のむくみ。それでも引き取ってくれる方がいて…と言うと、本当に良かったねぇ、と先生たちは感動していました。

そして引き渡しの日、ボンちゃんを病院からその足で新宿へ。
里親さんにボンちゃんを託し、PBFDの心配もあるのでそのまま病院へ直行してくれました。すると、ボンちゃんに新たな病気が見つかったのです。「AGY症」…消化器系の病気、食べても体重が増えていかない!


そしてボンちゃんは、病院から虹の橋へ行きました。


PBFDのネムは頑張ってます(・`ω´・)
病気なんか、どっかへ飛んで行け!
DSC04416.jpg
(先日、母とデートしたネムちゃん。外で遊んで帰って来ると、目の輝きが違う!)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

お野菜、きらい!

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


最近何か変だなーと思っていたら、熱が39度あった花小鳥です。(-ω- )
気づくのに数日かかりました。自称ボケナスの花小鳥です。

今日はPBFDのネムたんと外へ日光浴に行きましたが…
デジカメにSDカードをさすのを忘れながらもバシバシとパパラッチ
気づくのに数分かかりました…(-ω- )

そんなことより、花小鳥には悩みが。
ネムがお野菜を全く食べないんです!!
000_0994.jpg
(SDカードが入っていなかったので絵にしてみました…
日光浴のついでに綺麗で色が良く、新しく生えてきたようなクローバーやオオバコを厳選してあげてみたのですが…食べ物と思ってないようで無視。


お野菜、どうやったら食べてくれるのだろう?
オーガニックの野草も無視…(´ーωー`)
生野菜つまり(ローフード)には酵素が入っているので、どうしても食べてもらいたい

遊びながらたべさせる…?
お野をみじん切りにしてシードにまぜる…?

うーん、うーん(-ω- ?) だめだ、まず熱を下げないと…


とりきち横丁さんから、免疫によさそうなものなどが届きました!
他にもあるけれど割愛!
000_0991.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ ヽ(-公-、)
食べようヨ!と思ってくれた方はクリック応援でネムの難病を吹き飛ばす!

免許を取ったインコ。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


ネムちゃんが運転免許を取りました~ ヽ(・`ω´・)ノ

000_0910.jpg

(  ̄▽ ̄)ほんのちょっとだけ外出です。
ひらけた場所で、周りに猫がいないかを確かめ、あとは拾い食いさせないように。
隔離されたままではストレスがたまってしまいそうなので、日光浴と風浴。

とりきち横丁さんにて新車をゲッツ!!

ポチッ!と押して、ネムの難病治れ!!(・`ω´・)ノシにほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

今日の、インコ。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


やってきたのはS県のとあるお宅 (*゚ω゚)
ここには難病のセキセイインコ、ネムちゃんがいるのです~ ヾ(・ε・。)
しっぽも羽根も抜けちゃったけど、気にしないネムちゃん (・`ω´・)
入院やお薬や、大変だったけれど、少し安定してきたネムちゃん o(・ω・。)o

ネムちゃんは…カキカキが大好き

000_0532.jpg

ご主人様が作ってくれた専用プレイコーナーで遊ぶのは日課 (人´ω`*)

000_0552.jpg

でもでも、やっぱりカキカキが一番好きなネムちゃん (・`ω´・)

000_0575.jpg

そしてご主人様の手のひらにすっぽりハマりこむのが一番の趣味 Σ(・A ・ )

000_0616.jpg

いつまでもご主人のお手手の中で安心したいネムちゃんなのでした~ (人´ω`*)

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
(・ω・)バナークリックでネムちゃんを応援してね!

イケてるヘアスタイル。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


鳥用入浴剤なるものをゲットしたので、試してみました!
「BIRD RAIN」というものです。
うちの難病セキセイインコ、ネム様は元気でよく汚れるので、
ちょっとシュシュッと吹いてみました。o(`・∀・´)○

000_0190.jpg
照れてる照れてる(  ̄ー ̄)


000_0190-.jpg
イケてる、イケてる。(  ̄ー ̄)


000_0190--.jpg
(  ̄ロ ̄)…

い、イケてると思ってくれた人は、下のバナーをポチ!(  ̄ロ ̄)
難病インコの奇跡を起これ~!!応援お願いします!!
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


----------------
「BIRD RAIN」
天然素材の鳥用水浴剤です。

・ 皮膚と羽を清潔に保ち、脂粉やほこりを取り除きます
・ 毎日ご使用いただけます
・ 自然な羽の艶を引き出します
・ 皮膚を健康に保ち、潤いを与えます
・ 洗い流す必要はありません

使用上の注意はHPにて!!(・`ω´・)ノシ
ハリソンフードも扱っている飛翔さんで購入!

その後の経過。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)日記。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


さてさて、難病インコのネム様。
前回はインターフェロン治療と漢方を処方され、飼い主である花小鳥もホッと一息。

改めて羽根の具合はどうでしょう??
プレイタイムにて、のび~~の瞬間をパパラッチ!!(¬_¬)ノ

000_0014.jpg
ふむふむ、風切羽はやっぱり全部無いぞ。
セキセイは特に風切羽と尾羽根の脱羽が特徴みたいですね(


だいぶ汚れたネム様。
ごはんには半乾きのエッグフードも少し混ぜているので、どうしても汚れる(=_=)
でも栄養をとってもらわないと。食が大事だもの~!!
そして…
大好きなカキカキ

000_0081.jpg
自由に遊びたいね~(´っω・`。)
そっちのほうが飼い主としても助かるぞよ(。-`ω´-)ぅぃ

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
病気なんか飛んで行け!と思った方は、バナーをポチ!!ヾ(-_- )

ちっちゃな体で治療開始!そして遊ぶ!

セキセイインコのネムの難病(PBFD)記録。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。

今日から治療開始!!


まずご報告です!
今日はやっとまともに遊んであげれた…(人´ω`*).。*゚+.*.。
ネムたんとてもイキイキしていました
ちょっと汚れているのは、プラケースの中でおいたをするせい。

000_9414.jpg


専用プレイスペースを作ってあるので、ここでオモチャやジムでと遊べるように

000_9423.jpg


ネムはカキカキが大好きです!
そして、手乗りになりました!!ヾ(●`・ω・´●)ノ

000_9326.jpg

000_9326-.jpg


さて、治療ですが…ヾ(・ε・。)
まず病院でPBFDのネムを診てもらい、注射を打ってもらいました。
いわゆるインターフェロン治療ですが、今までは牛用のものを使ってきたようですね。牛用のものが製造されなくなったので、注射で犬猫用を用いますが、効果のほどは懐疑的ではあるようです。

ネムの場合、発症しているのは陰転はほぼ無理ですが、奇跡があるといいのになぁ
あとは漢方薬。を処方していただきました。

000_9314.jpg

000_9317.jpg


自分のペースで可愛がる(・`ω´・)

軌跡よ起これ~!と思ってくれた方は下のバナーをクリック応援お願いします!
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
ポチッ!!ヾ(・ε・)


参考までに、だいたい。ネム1羽のみで。

【明細】
今までの分
再診2回 2,000円
PBFD/BFD/CHL(迅速検査費込み)17,500円
フン検査1,000円
そのう液検査 1,000円
内用薬 1,800円
入院3日 15,000円
計:38,300円
*****
今日
再診 1,000円
PBFD治療開始で注射2,000円、内用薬(7日)2100円、鼻洗浄1,000円
計:6100円

うーん、病院によって違うのですが、どうなんでしょうかね…?(・、・)

そして:PBFDについての資料を下さったMさん、情報交換をしてくださったYさん、
改めてありがとうございます!

病気と闘うインコ専用。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)記録。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。


とりあえず基本的なもの。(・_・)
まず住まいはプラケース隔離です。体が小さく、尾も無いのでちょうどいいみたいです。

000_8537.jpg

吊り下げのオモチャを作ってみました。マグネット式です(・_・)
000_8590.jpg


ごはん入れは3つ。(・_・ )
基本のシード&ペレット入れ、ちょっと嬉しいハーブやお菓子入れ、そして水入れです。
マグネットで止めるようにしてみました。
先生に褒められた(* ̄▽ ̄*)
000_9003.jpg


だいたいの保温の状態が知りたいので、屋外用温度計を内側に設置。
エアコンパテでピッタリと接着。(・_・)
これ、偶然見つけた100均のものですが、精度は理化学実験用の温度計でほぼ合っている事を確認しています。いっぱい買っておいてもいいかも。
000_8922.jpg


ちなみにフック式の室内温度計も2つ買ってみました。
精度はやはり、理化学実験用の温度計と比べてほぼ合っている。
これは先住インコさんたちにつけてみました。色々温度で比べるためです。
000_8907.jpg


ネム専用お野菜です。
先住インコさんのは念のため室内で別に作っています。(・_・ )
000_8650.jpg


使い捨てのポリエチレン手袋。
掃除の時など、触る時とか色々便利。(・_・)
000_8906.jpg

色々試行錯誤してみます。
下のバナーをポチして応援クリックお願いします!(・_・`)ノシ

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへヽ(・  _  ・)ノにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ


怒っていい?ねぇ、怒っていい~?

ヽ(◉◞౪◟◉)ノ
動物取扱業登録証番号って…

難病PBFD発症のセキセイインコ、ネムの隔離中。
(少し前の写真です)
000_8621.jpg

000_8642.jpg


難病PBFDを発症したセキセイインコ、ネムの体調は良くなくて、ここの所ずっと心配で夜も眠れず看護していました。どう見てもいつ落鳥してもおかしくない。しゃくりあげるような呼吸もずっと続いている。
日に日にボロボロになっていく。
不憫でしかたがない。
病院へ行くまで頑張れネム!!


思い出せばネムを譲ってくれたブリーダーはこんなことを言ってた。

「苦情が殺到してて困るから誓約書にサインしてもらってる」(←あやしい)
「もうからない」(←どうでもいい)
「このインコはちょっと失敗、これは気に入っている」(←こうやって作られるのか~)


…コンパニオンバードとして可愛がる飼い主と、めずらしい個体を作ることが楽しいブリーダーの温度差は確かにあるよ。インコを求める側とインコを提供する側があって成り立っているものもあるし。
でもさぁ…
不幸な子ははじめから作らないで…
これは、私だけでなくPBFD発症の子を育てている方との交流で同じ意見で心強く感じた。

インコは自分が不幸だとは思っていないだろうけれど…。
今の現状、いつも苦しそうなネムを見てて私はちょっとつらい。


ブリーダーの動物取扱業登録証番号とやらは結構飾りみたいなもの?
何か検査が入ったり意味を成しているのだろうか?
不幸な子ははじめから作らない法律でもできればいいんだけど。


…てゆか私、変な事言ってるのかなぁ?コレ(☉д⊙)



でもね…
人を憎むとか嫌うとかいう気持ちは、自分が苦しいだけ。
…なんだよね。豊かな心づくりが大事なんだよねッ!

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ(・`ω´・)ノシ 奇跡的に病気が治って羽根が生えますように。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ (・`ω´・)ノシ 心のありかた、豊かさ、知りたい。


ヒロシです…。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)記録。
※PBFDでも発症していなければ陰転させる有効治療が有るが、ネムは発症している状態で陰転や完治の確率はほぼ無いと言われる。免疫低下の鳥版エイズ。感染力は強いが人への感染は無い。
色々な情報をいただき、PBFD発症でも長く生きられると知って前向きになってきた!


ヒロシ…じゃない…花小鳥です。
最近 除菌スプレー を持つのが趣味になりました… (- -*)

ヒロ…花小鳥です。
本とか除菌スプレーで シワシワ です… (o-_-o) モジモジ

ヒロシじゃネーヨ、花小鳥です。
除菌スプレーのピンク色に惚れました (-ω- )

花小鳥です。
花小鳥です…
花小鳥じゃ~~!!( )

000_8540.jpg
(専用のウィルス除菌剤アンテック ビルコンs、スプレーボトルは使い勝手が良いものをとりあえず2本用意、消臭剤も便利そうなので用意してみました)
一式こちらでゲットしました本間アニマルメディカルサプライ
…(¬_¬)インコにかけたらダメだからネッ
使い方は小鳥病院で教えていただけます。


PBFD発症の難病のヒナのために色々ポチッたり、情報を集めたり、何気に忙しい最近です!
色々情報を頂いたので、助かっています!
果報者じゃ~(  ̄ロ ̄)
こうして小鳥で人生を学ぶのである。

花小鳥自身の心は前向きになってきました(。-`ω´-)ぅぃ
あとはPBFDという不治の病を発症してしまったセキセイインコのヒナ、ネムたんにどう生き方を提案してあげられるかです 色々考えてますが、その間に悪化しないで

ネムの住環境などはイレギュラーなのでまだ公開していませんが、そのうちに…!
さぁまた色々調べなきゃ。((φ(-ω-)カキカキ
今日はインコのごはんが届きました。まだ不足しているものもポチる!
なんか知識増えそうだよ。先住インコにとってもいい事だねコレ~!!

000_8915.jpg
(おまけ画像:先住インコのニコで~す。丸い。癒し系担当)


前向きっていいよ。
前向きになるには…良く寝る事。(* ̄。 ̄*)。。。oO

難病のセキセイインコの応援をお願いします!!
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


さよなら、幸せの渡り鳥。

花小鳥は、コンパニオンバードの悲劇を感じました。

セキセイインコのネムをお迎えした時に付録されたインコちゃんが居ます。
「この子(ネム)のついでに付けてあげるね!お得だよ!だからこの子(ネム)を買って!」…って事だと思います。その時ネムが難病だとは知りませんでした。どうしても病気のネムを厄介払いしたかったのでしょう。

正直、手一杯なので断るつもりが、この先どうなるか分からない「捨て子」のインコちゃんへの同情が沸いたいという事もあり、一緒に連れて帰りました。つまり、2羽とも厄介払いされたのです。
そして、ネムはお迎えした日からとても様子がおかしく、PBFDが既に発症している子だと遺伝子検査の結果、後になって分かりました。



…病院の先生に今までの事の事情を話すと、「付録インコ」はよくある事のようです。


えへへ。ボンちゃんで~す!うちでは仮にそう呼んでいました。
何気にニギコロできるの~!!( ´艸`)ムププ

000_8141.jpg



うちでは今は手一杯なのでその子は里親さんを募集しましたが、ネムの容体がお迎えしてすぐにおかしくなり病院でPBFDの疑いがあると告げられ、調べたところ感染力が高くかなり危険なようなので里親さんにその旨を伝え待ってもらいました。そして陽性が出てしまい、それを話しました。それでも引き取ってくれると言ってくれた方なのです。いままでもそう思った事があるけれど、鳥好きの人は独特の優しさを持っているように思える。(花小鳥はどーでもいいとして。)

健康な状態で引き渡しをしたかったので、行きつけの小鳥病院で2日入院と健康管理をしてもらう事にしました。その時にボンちゃんに斜頸があるのが分かりました。それでも引き取ってくれると言ってくれて、ボンちゃんの運命を今日託してきました。そのまま病院へ行ってくれて、PBFDの検査をと…でも、ボンちゃんは他にも病気があるみたいでした。
この時、強くコンパニオンバードの悲劇というものを実感しました。


色々思う事はあります。
でも、何があってもボンちゃんは幸せだったのではないか?
あそこから出られたという事、人に「思われている」という事は幸せでは…?
たとえまた渡り鳥になったとしても、ボンちゃんが行きたい所に行くんだろうな。
幸せになれる場所へ。



難病のネムは今日も元気でした。
ネムは遊び盛りなので、今度もう少し広い場所で遊ばせる計画を立てています!

それにしても、インコ様のごはん買いすぎた。
うちには代々痩せた子が不思議と来る。
今度こそ太らせてやる…と燃える花小鳥であった。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


難病の小鳥の記録。

セキセイインコのネムの難病(PBFD)記録。

PBFD(オウム類の嘴-羽毛病)
人間でいうエイズのようなもの。
ウィルスが潜伏している状態で発症していない場合は陰転させる治療方法はある。
でもネムは発症してしまっているから、望みは無いという打つ手無しの状態。
インターフェロン治療も無意味。


譲ってもらうときに、「羽がぬけるけど生えるから」と唐突に言われて妙だなとは思った。
お迎えしてすぐに気づいた異変は、呼吸器の音。グッグッ…と苦しそう。
そして横倒れになって瀕死状態になった。いきなり尾が全部抜けた。

ちょうどお迎えして2日後に、先住の子2羽の検診の予約をしていたので一緒に連れて行くと、容体や羽根の異常から危険だとう事で緊急に血液検査をする事になり、そのまま入院。
そしてやはりのちに陽性が発覚。

ネムは、お迎えする前から発症していた事になるし、「羽根が抜ける」と断言していたという事は知っていて託したという事になる。
ブリーダーさんって自分はまだよく分からないけど、しっかりしてる人もちゃんといる一方で小鳥の将来を考えてない人も結構いるみたいで、それは悲しくて残念なことではある。


でも!花小鳥はネムが好き~(人´ω`*)
そしてネムは頭カキカキされるのが大好き。
6120.jpg
(隔離中のネム)

※異常と診断された羽根の様子はこちらをクリック。
※お迎えして6日目の羽の様子はこちらをクリック。



どこまでやれるかわからないけれど、この子が幸せって思ってくれるように考える…。
免疫に良さそうなごはんも沢山ポチったので、早く届くといいな!ヽ( `・ω・)ノ

ネムとの事を記録していきます。

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 応援お願いします!!(・`ω´・)ノシ
何かいい情報があったら、待ってます!





病気発覚と、生き方の選択。

PBFD日記、ネム専用。
陽性&発症が確認されたときの記事です。
この時は「死を待つのみなの?」という気持ちでした。
------------------------------------------------------

今日緊急で調査したPBFDの陽性が発覚しました。
保菌しているだけの状態なら打つ手はあっただろうけれど、発症していまっている。

生まれて数週間?
そして飼い主と出会ってからの2日間。
3日目に入院。
3日後に引き取りに行き、隔離。

そして病気の発覚。

000_8437.jpg

尾も、風切羽も全て抜けました。
隔離のために、充分に可愛がってあげられないもどかしさ。
生き物と生き物との間で育つ絆や信頼関係は、スキンシップ無しでは築けない。
たぶんこの子は人間を「家族」とは思えるまでに至ってはいない。
でも、それより出来る範囲でこの子の気持ちを考えた環境にすることが今は大切。


でも、大切に育ててきた先住インコたちを守る事も大事。
これからの事を考えなければなりません。




人間のために生まれてくる生き物というのは生き方をたいして選べない。
どういう生き方ができるかは人間しだいで違ってくる。

どれだけ生きれるか、初めから持っている各々の宿命というのは重要ではない。
生きていて不幸と感じてしまうのが一番悲しい事。
ネムちゃんはどうする事が幸せかな?

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ


命の翼。

PBFD日記、ネム専用。
検査結果をまっている時の記事です。
-----------------------------------------------------


新しく家族になったセキセイインコのネムがうちに来てから6日。
まだ検査結果はもう少し先です。

今日の症状は、風切羽が抜けて乱れてきました。
乱れた羽根にイライラしたネムは、癇癪をおこしました。(;_;)
呼吸もまだしづらいようです。

000_8396.jpg

にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。